FaceIDでの AI活用(アルファ版)

マルチクラウドのFace APIを柔軟に使って適切な FaceIDソリューションを構築できます。


 

特徴① PoC向け目的に合った適切なクラウドを導入できる

令和時代企業にとって最大のチャンスはAIではないでしょか。AIを導入したいと考えている一般企業に対して、全く新しいアイデアやビジネスモデルが 実現可能かどうかを実証するために、PoC(概念実証)は非常に重要なプロセスの一つです。しかしながら、ゼロから技術調査、ソリューションの開発 作業は複雑で、時間とコストがかかる可能性があります。更に、Google、IBM、Amazon、Microsoftなどの大手企業が独自のAIソリューションを提 供しています。どちらのサービスを選ぶべきか、ビジネス目的に合わせるか、悩んでしまうのはよくあることです。弊社は、手軽に適切なクラウドを導入す るために、米国・中国の最先端FaceIDソリューションを充分に調査して、マルチクラウドのFaceIDプラットフォーム(SaaSサービス)を構築しました。お 客様の要望と期待に合わせて、導入費用を抑える上に、短時間で簡単に導入できます。

開発時間を短縮するために、クラウド上に80%以上の機能が提供されたので、API経由で簡単に利用可能になります。Cloud CLI + Docker + Serverless Frameworkによるサービスが自動的に構築できます。弊社は、より便利で安心できる構築・開発支援サポートが提供しています。

特徴② 開発コストの極端な削減を実現する

特徴③ シナリオに基づく多様な顔認証システムを設計できる

汎用的なAPIを使って、シナリオに基づくFaceIDソリューションを構築できます。たとえば、無人コンビニ向け顔認証・動線分析、勤怠管理システム連 携の顔認証、顔認識機能付き受付ロボットなど多彩なアイデアが実現可能になります。今後も、中国国内で社会実証を済ませたIOT製品とサービ スが日本に続々押し寄せます。